歴代最多得点記録を更新した喜びを語るインザーギ



4日に行われたサッカー欧州チャンピオンズリーグ2007-08(UEFA Champions League 2007-08)・グループリーグD・第6節のセルティック(Celtic)戦で決勝点を挙げ、欧州カップ戦での歴代最多得点記録を更新したACミラン(AC Milan)のフィリッポ・インザーギ(Filippo Inzaghi)がその喜びを語った。

 インザーギの決勝ゴールでセルティックを破ったミランは、グループ首位での決勝トーナメント進出を決め、欧州カップ戦通算63得点目を記録したインザーギは元ドイツ代表のゲルト・ミュラー(Gerd Muller)氏の歴代最多得点記録を更新している。

 これまでに挙げた62点の大部分がそうであったように、セルティック戦でインザーギは右サイドからのカカ(Kaka)とカフー(Cafu)の申し分ないお膳立てにより易々とメモリアルゴールを決めている。

 ガゼッタ・デロ・スポルト(Gazzetta dello Sport)紙に対しインザーギは「心が安らぐような奇妙な感情だった。一瞬にしてこれまでの62点の一つ一つを思い出し、トレーニングの環境や何百もの試合、正直に言って僕にとって仕事と言うより情熱であるこの素晴らしい仕事の痛みと喜びを思い出した。僕の唯一の秘訣は走ること、楽しむこと、ゴールすること、歓喜することへの欲望だけ。34歳だけど子供のような気がしている。これが僕の強さだ」と語っている。

 ミランは首位通過という目標を達成したが、インザーギのセルティック戦での決勝点はアテネで開催された2006-07シーズンのリバプール(Liverpool)との欧州チャンピオンズリーグの決勝での2得点を思い起こさせるものだった。

 インザーギは「アテネでの勝利の後はこれ以上何も求めることはできなかったが、運命は今回ホームのサポーターの目の前で僕にもう一つの信じられない驚くべき夜を与えてくれた。サン・シーロ・スタジアム(San Siro stadium)で記録を破ることができて嬉しい。熱が出て抗生物質を服用し、最終的には激しい腹痛に見舞われるなど困難な一週間を過ごしていたが、本当にとても幸せだ。負傷した時にタフな時間を共に過ごしてくれた家族のことを最初に考えた。そしてこれまで共にプレーした全てのチームメイト、特にミランのチームメイトへの感謝が芽生えた。彼らの存在がなければ歴代得点ランクのトップに立つことはできなかった。僕はストライカーであり、チームメイトのクロスやパスを得てゴールを決めている。キャリアを通じて僕はいつも素晴らしいチームメイトが揃う偉大なチームでプレーする幸運に恵まれてきた」と語り、さらに記録更新のゴールに繋がる決定的なパスを供給したカフーに対し「ゴールに押し込むだけの最高のパスをくれたカフーにもありがとうと言いたい」と感謝を表した。

 ミランは07クラブW杯(FIFA Club World Cup Japan 2007)の準決勝13日にを控えており、インザーギはチームメイトと共に現地5日にイタリアを発っている。

 クラブW杯についてインザーギは「ミランのユニフォームに袖を通すのは最高の気分なので、アテネで始まったサイクルを完成させるためにクラブW杯での優勝を望んでいる」と語っているが、ロナウド(Ronaldo)の復帰が間近に迫り、普段は自身ではなくアルベルト・ジラルディーノ(Alberto Gilardino)が先発を飾ることもあり、自身のゴールの可能性に関しては「東京でのゴール?それはやり過ぎじゃないかな。これ以上ビッグマッチでのゴールを求めることはできないよ」と謙虚な姿勢を見せている。

いや〜〜〜

いい話ですねぇ〜〜〜

歴史に残る記録を破ったというのに

チームのおかげとまわりへの感謝を忘れず

しかも、この先も謙虚な姿勢・・・

本人の努力があったからこそのこの環境と境遇なのに・・・

見習いたいです!!!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。