ミラン インザーギが記録を更新し1位で決勝トーナメントへ



サッカー欧州チャンピオンズリーグ2007-08(UEFA Champions League 2007-08)・グループリーグD・第6節、ACミラン(AC Milan)vsセルティック(Celtic)。試合はミランが1-0で勝利を収め、勝ち点を13に伸ばしてグループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。

 なお、敗れたセルティックはシャフタール・ドネツク(Shakhtar Donetsk)がベンフィカ(Benfica)に1-2で敗れたためグループ2位で決勝トーナメント進出を果たした。
 
 ミランはフィリッポ・インザーギ(Filippo Inzaghi)が元ドイツ代表のゲルト・ミュラー(Gerd Muller)氏の持つ欧州カップ戦での歴代最多得点記録を更新し勝利を収め、1位でのグループリーグ通過を決め、またセルティックは果敢に戦い敗れたが結果的に2年連続での16強入りを果たし、蓋を開けてみれば結果は両者にとって完璧なシナリオとなった。

 試合は時折、練習でのプレーのような色合いを帯びたが、試合終了まで20分に迫った後半25分にインザーギが決勝点を奪いクライマックスを迎えた。

 右サイドでボールを持ったカカ(Kaka)はオーバーラップを仕掛けたカフー(Cafu)にパスを通すと、インザーギはカフーからのクロスをゴールに流し込んで決勝点を挙げ、欧州カップ戦通算63得点目を記録して歴代最多得点記録を更新した。

カカ

カフー

インザーギ

の三人の千両役者の活躍で

ミランが順当に勝ち上がりました

おめでとう!!!

ミラン

記録更新おめでとう!!!

インザーギ!!!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。