オシム監督が倒れた事を受けて選手らはショックを隠せず

サッカー日本代表のイビチャ・オシム(Ivica Osim)監督が16日に脳梗塞で倒れた事を受け、多くのサッカー関係者らはショックを隠せず、同監督の早期回復を願っている。

 17日に会見を行った田嶋幸三(Kozo Tajima)JFA専務理事は、オシム監督の容態について「オシム監督は引き続き集中治療室で治療を受け、小康状態にある。しかし、集中治療室にいるので楽観はできない」と説明した。

 オシム監督が倒れたとの一報を受けて川崎フロンターレ(Kawasaki Frontale)に所属する中村憲剛(Kengo Nakamura)は「ショックです。監督の病状が軽症であり、早く回復してくれる事を祈っています」と話し、スコットランド・プレミアリーグのセルティック(Celtic)に所属する中村俊輔(Shunsuke Nakamura)は、日刊スポーツ(Nikkan Sports)に対して「ニュースは聞いているよ。だけど詳しい状況は分からない」とコメントした。

 日本のメディアは、スポーツニッポン(Sports Nippon)が17日付けの紙上で「2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)・アジア予選への影響も懸念される」と報じるなど日本代表チームへの影響を危惧しており、1998年フランスW杯で日本代表監督を務めた岡田武史(Takeshi Okada)氏やガンバ大阪(Gamba Osaka)で指揮を執る西野朗(Akira Nishino)監督、元ユーゴスラビア代表でJリーグの名古屋グランパスエイトの監督就任が噂されているドラガン・ストイコヴィッチ(Dragan Stojkovic)氏らの名前を後任候補として挙げている。

なんとぉ〜〜〜

大ショックですぅ〜〜〜!!!

せっかくオシム監督が日本代表を強くしてくれていたのにぃ〜〜〜

はやくオシム監督が元気になるのを心から祈ります


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック